心理系大学で学んだ方へ

心理カウンセラーになろうと思っていたわけではないけれど、心理学にとても興味があって大学では心理学を専攻しました。

心理系大学で学んだ方へ自分の性格の事とかなかなかうまくいかない人間関係とかさらにうまくいかない恋愛の悩みとかそういうことが、心理学に興味を持たせたのかもしれません。

学んで、それをどうするの?心理の仕事ってどんなものがあるの?どんなふうになれるの?

そう聞かれた当人が「どうするんでしょうね」と答えるような始末で正直、心理学部を出て、それでどういうことができるのか私が心理学を学んだ時代は全然先が見えない分野だったのです。

ふと加わったボランティアの活動の中で初めて「心理の仕事」に興味を持った時に愕然としたのは、「何にも出来ない」ということでした。
心理の知識はいっぱい持っている。心理学者の名前も、理論もたくさん知っている。けれど、目の前の子どもが嫌な夢ばかり見るんだと訴えてきているのにそれに何も答えられない自分がいてその原因はわかるもののどうしたらいいのかわからない。

どうしたらいいんだろう。

人が悩むときに、一番知りたいことは原因でもなく、知識でも分析結果でもなく「どうしたらいいんだろう」への答え。

それこそが、明日に繋がる道なのに当時自分が学んだ心理学ではその答えが解らない。

どうしたものかと考えている私の目に飛び込んできたのは実践的な学びと、実際の経験を通して学ぶアイディアのカウンセリングコースの案内でした。

答えを見つけていくカウンセリングの考え方と技術

アイディアで学び、体験したのは人が悩んだ時にどうやったら「どうしたらいいんだろう」という問いに答えを見つけていくカウンセリングの考え方と技術。
現場で体験しながら習得していく技術の一つ一つが今も自分の中で輝いているのを感じます。

大学で学ぶことに意味がないとは少しも思いません。
とても素晴らしい学びができたと思います。ただ、その学びの目的とめざす方向が私のしたかったことと、少しだけ違っただけ。

でもその少しの違いが私には越えられない壁にみえアイディアで学んだことで大学で学んだ知識も、生きた知識になりまた、実際に自分がカウンセラーとして活動する礎になったのだと思います。

心理の学びを重ねてきてそれを具体的にどんなふうにいかそうかと思ったときに必要だったのは、現場で学び、現場で行動し現場で経験を積み重ねていくアイディアの実践的な学びでした。

もし、あなたが今まで学んだ心理学をいかしたい、現実に行動できる力を身につけたいと思ったときにはぜひ、アイディアへお越しください。
きっと、あなたの思いを現実に変える学びと出会えることと思います。

他校受け入れ制度について、お気軽にお問い合わせください。
他校で学ばれた方へ
他のスクールで学んだ方へ
心理系大学で学んだ方へ
相談業務などをされてる方へ